なんとかかんとか

しばらく前に、プロバイダの乗り換えに伴いV6プラスの契約を行いましたが、その際に使用していたルーターは非対応だったのでAtermのWG1200HS3に買い替えました。
で、その時からたまにWebページを開くとタイムアウトを起こすように。
PC側の設定を色々いじっても根本的な解決に至らず、そもそもPCじゃなくてもAndroidでソシャゲやってる時もロードに失敗する事もあるので、回線の問題かルータの問題なのかなぁ、と。

そんなわけでルータを変えたいなぁと思うように。何しろV6プラス対応でとにかく安いの!で選んだだけだからなー。で、どんな製品があるのかなと調べてみるもどれもこれも無線LAN機能がいかに優れているかの説明ばかりで、肝心のルータ自体の機能に触れられている事がほぼ無くて地獄。4コアCPU搭載!って言われても何の参考にもならないヨ。もういっそのことYAMAHAのルータにしちゃうか……でもお高いしなぁ、など妄言を吐いていたところでAT-AR1050Vなる製品を発見。法人向け製品で2万円ちょいとなかなかお安め。個人向けではないので設定がかなり面倒そうではあるものの、JPNEのサイトで対応ルータとして設定方法についてのリンクも張っているので、まぁなんとかなるかな…駄目でも2万ちょいなら諦めも付くかと思って購入を決定。購入後、改めて調べて見ると、メーカー以外に設定について解説しているようなサイトがほぼ無くて失敗したかなぁとドキドキしていたのは内緒。

そんな訳で到着した製品を開封。設定用のシリアルケーブルは別売りのはずですが、なぜか同梱されていました(RJ45=RS-232メス)。サービス?まぁ今どきシリアルポートを持ったPCなんて皆無ですが。この手の法人向けルータでは、PCとシリアル接続して設定するってのが常道らしいのですが、無くても設定が出来ると聞いていたので変換ケーブルも含め用意はせず。駄目ならその時に買えばいいじゃない。

とりあえずACアダプタのみを繋げて電源投入、しばらくしたら、IPを192.168.1.2に固定したノートPCをLANケーブルで接続。メーカーサイトではWebGUIが使える(ただし初期ロットはその限りではない)とあったので、ブラウザで192.168.1.1を開いてみたところ英語でGUIは入っていない的なメッセージが出て失敗。仕方がないのでTeraterm Portableで192.168.1.1にアクセスすると、無事ログインが出来ました。

で、まずはGUIが使えるように必要なファイルをインストールをしてみようと思ったがここで躓く。
必要なファイルはメーカーサイトから製品のシリアルを入れる必要があるのですが、これが何度やってもエラーが出る。入力間違えなのか、見ている文字列の一部だけがシリアルなのか、とかあれこれ試行錯誤しましたがどうやっても撥ねられてしまい悩むこと十数分。ブラウザをVivaldiからChromeに変えたらダウンロードできました…勘弁してくれ。

ともかくダウンロードして解凍したファームウェアGUIファイルをコピーしたUSBメモリをルータに挿し、Teratermからcopyコマンドを実行……するとそんなコマンドは無いと怒られる。これまた十数分悩んで、enable コマンドで特権EXECモードに入ってから操作しないといけないことに気づく。単純にログインユーザーの権限レベルで実行できるコマンドが違うんじゃないのかよ。そんな愚痴をこぼしつつ、ファイルをルータにコピーした後 configure terminal でグローバルコンフィグモードに入り service http でWebGUI機能を有効に。ブラウザから開いてみると……やっぱりエラーが出る。
これはファームウェアが古くてコピーしたGUIファイルが対応していなかった事が原因のようで、boot system flash:/AR1050V-5.5.0-1.1.rel でコピーした新しいファームウェアを指定して再起動したところ、無事WebGUIが利用できるようになりました。なお、その際に参考にしたサイトの情報に従い、boot system backup コマンドで元々のファームウェアをバックアップとして指定し、show boot コマンドで設定が反映されているかを確認しました。

これでWebGUIも使えるようになったので、早速ネットの接続をGUIからやってみようとしましたが、なぜか設定が保存できないとのエラーが。
これは早々に諦めて、設定例集#69の内容をTeratermから直接手打ちで設定することにしました。一応各種設定がどういう意味を持つかを確認しながら進めてみたいと思っていたので。まぁ目を通しても8割方は理解できないんですけどね。
基本は設定例の内容を丸コピーですが、元々の環境ではDHCPを使わずルータに繋げている機器はすべてIPを手動で設定していたのでLAN側ネットワークのDHCP設定は行わず、vlan1のIPは192.168.0.1で置き換え。打ち終わったら copy running-config startup-config で設定内容を保存して再起動をかけてみると……ちゃんとネットに繋がるではないですか。やったね!
後は clock timezone JST plus 9 でタイムゾーンの指定、ntp server ntp.nict.jp でNTPサーバの指定を行い時刻同期ができるよう設定。

続いて、取り外していたWG1200HS3をブリッジモードに切り替えて、WG1200HS3のWANポートとAR1050VのLANポートをLANケーブルで接続。これだけで無線LANはそのまま利用ができました。ただ、ネットワーク分離機能はどうも働かないみたい。家族にWifi使わせているんで分離機能は便利だったんだけどな。この辺は後々対策を考える必要がありそう。

通常のネット接続と、無線機器の接続は成功したので残るはポート開放の設定なのですが、これにドンハマり。設定例集#2を参考に、WebGUIからアプリケーション定義で宛先ポートを指定、NATで送信元エンティティーや変換後エンティティーを設定するも、何故か設定したNATでアプリケーションがないとエラーが出てしまう。CLIから作ってみても駄目で、なぜ作成されているアプリケーションが認識されないのかがどうやってもわからない。あれやこれや試してみて、アプリケーション定義についてはプロトコルTCP、送信元ポートを1024-65535の範囲指定、宛先ポートを開放するポートとして設定。NATの方は送信元エンティティーipv4-internetとゾーンのみ指定、変換後エンティティーをホストまで指定して設定。そのうえでリブートを掛けてみたら上手く行きました。リブートは不要な気もするんだけど、おんなじように設定を作ったはずなのに最初上手く行かなかったんだよな。でもその後もう一つポート開放の設定を作った際はリブートしなくても設定反映したし…何が悪かったんだろうか。

 

予想はしていた

PCや据え置き機周りの環境として、LCD-RDT271XPBとLCD-RDT272XPBのモニタ2つを並べて置いています。一台はメイン&サブPCを接続、もう一台にはBDレコ&PS4を接続。でかいテレビを置く場所が無く、フルHDの小型テレビも無く、BDレコあるから別にテレビじゃなくてモニタでも良いんじゃない?と思いこのような構成に。ま、特に不便はなく使えてきました。

 

で、なんとなくスピーカーを設置しようと思い立つ。前に、BDレコや据え置き機の光出力を小型中華アンプに繋げ、そこからスピーカーで音を出す、みたいな事をしていたのですが面倒になって引っ越しを気に引っ込めたのよね、そんな中マランツのNR1200を見て欲求が再燃……するも65k円は良いお値段だなぁと。燻ったままぐだぐだと調べている内にサウンドバーでも良いかな~と思い始め、安かったYAMAHAのYAS-108を購入。

 

結論から言うと、ちょっと拍子抜けだけど今の所すごく変わった感じはしません。まぁ、まだテレビ番組(それもニュースメイン)でしか試していないのですが。いや、確かにクリアボイスONにしたりとか設定を変えると明らかに聞こえ方が違ってくるのですが、すぐに慣れちゃうよね。

まぁそれは置いといて。すこぶるがっかりした所としては、電源連動が働かないことでしょうか。当初はBDレコと連動してYAS-108の電源もオン・オフしてくれるかなぁと期待していたのですがそんなことは無し。どうやらTV側との連動が機能としては用意されているようだけど、これもARC対応じゃなきゃ機能しないっぽい?CEC対応のLCD-RDT272XPBに繋げて確認したけどYAS-108の電源は反応せず。まぁテレビに繋げて使う前提のもんだしなー。一応モニタを電源ボタンを押してオフにすると、レコーダー、YAS-108ともに連動して電源が切れるみたい。ただ、モニタやレコーダーの電源を入れてみてもどうも連動してくれないっぽい。念の為Ver2.0対応を謳うHDMIケーブルを新規に用意して見たけど変わりなし。レコーダ側に問題がある気もしてきた。それに、モニタの電源なんて入れっぱなしにして、使用しないときは信号入力のない入力に切り替えるだけだもん。

あ、YAS-108の電源を切る方についてはHDMI信号無し20分でオートパワーオフする機能があるので問題なし。

そんな事もあり、ちょっとARC対応のテレビが欲しくなる。ただ、今なら4K対応のものが良いなーと思うけど、またここでサイズの問題が立ちふさがる。最低でも40インチなんだよな。PCモニタなら27インチでかなり数が出ているんだけどねー。

Firefoxから離れて

Firefoxから離れ、Vivaldiに乗り換えておよそ一ヶ月。
ビックリした事にほとんど困っていない。一番の懸念点だった『多段タブが(実質)使えない』も、ほぼ影響が無かったと言う事実。

基本的にマメに見るようなサイトはピン留め、ニュースサイトを開いたら記事をまとめて開いてまとめて読んで閉じる、みたいな使い方で、大量にタブを開いてもすぐに読んで閉じる前提だったんだよね、よく考えると。
どうせなら縦タブで使いたいところではあるんだけど、横配置だとピン留めしたタブが小さくなるのが縦配置だと変化無しで表示枠を圧迫しちゃうので横配置のままで使ってます。ここが変わってくれると縦配置で使いたいところなんだけどねぇ。

予定通り

注文していたBlackview Tab 8が到着。

おそらくサービスなのか、カバーが付いていたので取り外そうとしたところ変な手応えが……あれれ、なんかバックパネルと液晶ベゼルの間に隙間が出来ていますよ?

 

どうやらカバーを外すつもりでバックパネルに力を加えてしまったようで。音量ボタンが内側に入り込みはめ直すこと出来ず。詰んだかとも思いましたが、ヘラを使ってなんとかボタンを元の位置に戻してパネルを戻すことが出来ました。危うく到着して三分でゴミにするところでしたよ。

 

で、購入の目的としてはデレステマシンであるMi Pad 4の代替。なのですが、実際にプレイして確認したところ、どうにもよろしくない。あんきらMasは抜けがなくフルコン出来ましたが、TAKAMARI☆CLIMAXXX!!!!!Masが何度やってもフルコンが出来ない。勿論腕の問題もあるのですが、NiceやBadじゃなくてMissがほぼ毎回発生するってのはなー。

 

まぁ中華タブという時点でこの辺りは想定済み。正直予想していたよりずっとマシではありましたが、Mi Pad 4の代替としての使用はちょっと無理と判断。

その場合のプランBも用意しており、最近スマートフォンに手を出してYoutubeを見るようになった母親に投げつけました。

元々Teclast T10を渡していたのですが、正直作りがちょっとあれで時々フリーズもしたりするのでもうちょっとマシなタブレットを使って貰いたいと思っていたのでちょうどよいかな、と。

 

 

まぁそれはさておき、タブレットどうしようかなぁ。

AlldocubeのX NEO…はちょっと怖い。米アマゾンでのGalaxy Tabセールに気づいていればなぁ……。現実的なのはFire HD 8 plusなのかしらん。

久々のお食事会

先日久々に先輩から連絡があり、飯を食いに。

今回は美唄で焼き鳥を食いに行きました。まぁメインは駄話になるのですが。

割と聞かなければよかった系の、感染問い合わせ窓口話を聞いてぐんにょりした気分になったり愉快なこと然り。

 

焼き鳥店では昼という事で、注文出来たのはランチセットと精肉orモツ串のみ。
精肉はちょっと固くてイマイチでしたが、モツ串はなかなか美味かったです。肉の種類に詳しくないので何喰っているかよくわからなかったけど、全体的に歯ごたえがあって良し。

しかし、コロナの影響なのか、3人で行って8人部屋に通されたのには恐縮。そりゃ売り上げも落ちるよなぁ。

 

 

PCを組む(組み直す?)のは久しぶり

今使用しているPCは、メインのものとPT2を積んだ録画兼ファイルサーバの2台。
で、しばらく前にチューナーを増やしたいと思いPX-Q3PEを購入、折角だからPCも新しいのを組んでみようとmini-ITXオンボードCPU&AC電源なJ3160DC-ITXを用意……したのは良かったけれど、これが結構な頻度でドロップを起こしてくれるので結局塩漬けに。

引越し後も勿論そのまま持ってきていたのですが、一年以上そのままほったらかしに。それはそれでなんか勿体ないなぁと思ったのと、データ保存用に積んでるHDDを回収しようと思い、動作チェックも兼ねて久々に起動しようと思い立つ。そんな事を考えていると急にケースの大きさが気になって仕方がなくなる病気に罹患。余っていたMicroATX用のマイクロタワーケースで組み上げたもので、大きい訳ではないがそう言えばminiITXのケースってほぼ使ったこと無いよな-、昔に吊るしのAtomPC買ったのがminiITXだったかなぁ。


気づいたら自転車で九十九まで行ってケース抱えて帰宅の途に着いていました。購入したのはRAIJINTEKのMETIS PLUS。正直聞いたことのないメーカーでしたが、価格.comでの評価が高く、何より安いと。
組んでみた印象は、作りは丁寧だと思う、当然だけど狭いので組み立てがかなり大変。ATX電源もグラボもCPUクーラーも無い*1、内部がスカスカのはずなのにかなり難儀しました。まぁただ時間があってゆっくり組み立てるのであれば良いかも。ゲーミングマシンをこのケースで組む剛の者も結構いるみたいだし。

*1:厳密には申し訳程度のヒートシンクは付いている

更新に行こう

しばらく前に免許更新のお知らせが来ておりまして。その時はすでにコロナの影響で更新業務が休止しているという事で、とりあえず近所の警察署に延長の申し込みを行いました。
西警察署って初めて行ったけど、受付窓口ってかなり狭いのな。


で。6月に免許更新業務が再開され、一ヶ月も経ってりゃもう混雑もしていないだろうと思い中央警察署の免許更新センターにゴー。受付開始直前の8時40分頃に到着したのですが、なんかその時点で行列が出来ていて嫌な予感がヒシヒシと。
結果としては激混みで、9時半の枠は速攻で埋まり、臨時で設けられた10時半の枠も埋まり、11時半開始の講習を受ける羽目に。通算運転回数が片手で足りるほどのペーパードライバーだし、もう面倒だから失効でも良いかなとも思いましたが、身分証明書としては最強だし取得に金も掛かったからなぁ……と思い諦めて時間を潰して講習を受けました。

正直まだこんなにコロナの影響があるとは思わなかった……よく考えると、着席時の間隔を開けるため一回の講習人数が半分になっているので、この混雑はずっと続くのでは無いかしら。ヤバイネ。