なんでもない一日

どうも最近、自転車の前輪の空気が目を離しているといつの間にか抜けてしまう。初めは気のせいかとも思いましたが空気を入れても数日で圧が下がるので、本日休みだったこともありタイヤのチェックを実施。ほんの少しだけ穴が開いているのが見つかりました。修理作業は一年振りですが、何とかこなす事が出来ました。で、ついでにある意味空気抜けより厄介だったブレーキの効きが甘い…と言うかレバーを握りきってもまだ余裕が出来てしまう問題への対処。以前からリムのブレを調整したりVブレーキのワイヤーを固定する場所を調整したりして見ましたが、今回はブレーキパッド自体を一度外して付け直し。かなりブレーキの効きが良くなりました。引きしろの遊びが無くなりタイトになった感じ?