No Music No Life

世間がiPod一色の中、当方は数年前に購入したiFP-195TCを愛用しています。ちなみに購入理由はレジューム機能がついていて深馬鹿のような長時間MP3を聞くのが楽だから、とバッテリーが単三乾電池一本で良いこと。どうしても内蔵バッテリで取り外し不可ってのは嫌なのよ。
で、この製品は『専用の転送ソフトが必要だけど転送速度がちょっと速くなる』『USBメモリと認識されてD&Dでファイルのやり取りが出来るが転送速度がちょっと遅い』の二種類のファームがあります。自分は転送ソフトが良くフリーズすると言うこともあり後者のUSBメモリ互換モードを利用していました。が、最近特定のMP3ファイルを再生すると、昔削除したはずの古い曲が途中で割り込んで再生されると言う不思議現象に遭遇。恐らく古いファイルを消した領域への上書きがうまく行ってないんだろうな、と予想はしたもののフォーマットの方法がわからん。Windowsエクスプローラからフォーマットしようとすると、途中でエラーが出てしまう。
仕方無しに一旦中身を退避させて、専用フォーマットのファームに書き換え。転送ソフトからでもフォーマットできるようだが、異なるファームウェアを当てた時点でフォーマットされるようなので退避したMP3を書き戻し。やれやれ、これでおっけー……と思ったらやっぱり別の曲が割り込んで再生されてるー!
一瞬途方にくれたが、退避させたファイルをWindows上で再生してみたらやはり割り込んで聞こえるよ…。どうやら初めにMP3を転送した時点でファイルがぶっ壊れた模様。一旦シリコンオーディオ上のファイルを消して、改めてMP3ファイルを転送したらきちんと再生されました。もしかしてファーム書き換える必要なかったかなぁ?でもフォーマットの方法がファームの変更しか無さそうだし。フリーズしないなら今の環境でも文句は無いんだけどね。別にUSBメモリとして使うことは無いんだし。