式部京に転入

他人のフラゲ報告を指をくわえてみていましたが、ようやく当方も式部京へ転入することが出来ました。前作に比べ微妙に操作周りが変わっており慣れるまでもう少し時間が掛かりそうです。
XTH1から10人転入を済ませ、一通り戦闘の無さそうなクエストを受けたらノービスロードへ突入。難易度上がってるかな? トードが固いうえに、相変わらず序盤は武器が揃わないので厳しい。後から寄宿舎で生徒会長に話しかけたら武具を貰えたことに気づいて少し愕然としましたわ。相変わらずマップを埋める気が失せるワープポイントが大量に配置されたマップが有って辟易しつつ、潜る→マップを埋める→戻る→潜る…の単純作業にトリップ。後衛にも武器が行き渡った辺りで静流探索のクエスト受領。
静流を捜すためにロードをうろついているとセメタリーの入り口とララスを発見。今更気づいたが、転入キャラでも彼らとは面識が無いことになっているのね。ま、それはさておいて今回の売りの一つであるセメタリーに突入。……正直期待外れかな。マップが固定になってるだけで、マップそのもののセンスがちとアレ。ダークゾーンや回転床を多用するのは勘弁。結局マッピングせずにオートマッピングに頼らざるを得ないんだよ。リドルもナゾナゾと言った方が良い代物だし。
文句はさておき。セメタリーを突破後、アーレハインまで行って懐かしい制御札αを受け取る。これをキーパーに見せてあいつと邂逅、正式にセメタリーを回る許可を得るために力を見せることになるのだが…これが強いのなんの。TH10位じゃ攻撃がかすりもしない。侍・錬金術師がフォーレスを、修道士・くノ一がサイを、神女と戦士が呪文符を連発するという少々屈辱的な手段で何とか倒せました。ご褒美に制御札βを貰い、各ロード内のセメタリーへ侵入が可能に。